2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

旧ブログ。

ランキング。

メールはこちらから。

無料ブログはココログ

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月

2016年10月28日 (金)

クッキー。

星のクッキー。
161028141901596_deco1024x768

ハロウィンパーティー用にクッキーを焼きました。
子供達が焼けたそばから味見するからどんどん減っていく…。


2016年10月27日 (木)

ニワトコの杖。

息子のリクエストで、ニワトコの杖を作りました。
Img_3804

土台は菜箸で作ると本物っぽい長さになるけど、子供には危ないので大人の箸にしました。
今回も100円ショップの箸とグルーガン、アクリル絵具使用です。


2016年10月21日 (金)

ハリーポッターの制服。

毎年悩むハロウィンの衣装。
Img_3790
今年はハリーポッターです。
 
 
 

Img_3787
100円ショップでこの眼鏡を見つけたので決まりました。
 
 

Img_3786
グリフィンドールのマフラーは手編みだと間に合わなそうだったので、赤のフリースに黄色のフリースを等間隔で縫い付けました。
軽くて暖かいので外をパレードする時に活躍してくれそうです。

 

 

Img_3788_2
想うようなネクタイの生地が見つからなかったので、ローブの残り布に杖で使ったゴールドのアクリル絵の具で線を描きました。
 
 
 
 
Img_3789_2
ローブは手持ちの丸襟コートの型紙をアレンジしたもの。
裾の長さと身幅と袖幅を広げ、フードを付けました。
娘と息子用の2着。



Img_3792_3
裏地に杖を入れるポケットを付けました。
 
 
 
さすがに二人分だと布も半端なく使うので一瞬買ったほうが安いのかな?なんて思いましたが、あれこれ考えて作る工程が楽しいのでなかなかやめられそうにないです。
子供たち(特に息子)が大喜びしてくれたので、今年も無事任務が果たせた気がします。


魔法の杖の作り方。

ハロウィンの小道具にハリーポッター風魔法の杖を作りました。
Img_3779
  
 



杖のベースは100円ショップで購入した大人用のお箸。
それに、グルーガン(こちらも100円ショップで以前購入)を巻き付けていきます。Img_3773_2
グルーは熱いのでやけどに注意しながら作業します。
作業するときは新聞紙の上にクッキングシートを敷くとグルーが付いて固まってもきれいに剝がれます。
  
 

Img_3772_2
持ち手のところは厚めにグルーを巻き付けて、完全に冷める前に手で形を作ります。
  
 

Img_3770
先端が尖っていると危ないので手持ちのビーズをグルーで付けました。
   

Img_3769_2
アクリル絵の具も100円ショップで購入しました。
普通の絵の具と同じ要領で使えますが、アクリル絵の具は乾きやすいのでキャップは必ず閉めて作業します。
乾いてしまうと水で濡らしてもお落ちにくいので、パレットは使わず牛乳パックを開いた物をパレット代わりに使いました。
 

 

Img_3768_2
杖に着色するときは、ここでも新聞紙の上にクッキングシートを敷くと剝がれやすくて作業しやすいです。
牛乳パックの切れ端などに杖を乗せて乾かしました。ペタリと下においてしまうとせっかくの着色が取れてしまいそうだったので、上のような状態で杖をくるくる回しながら塗っていきました。

 

Img_3776_2
ハリーポッター風

Img_3777_3
ハーマイオニー風
  
 

100円ショップですべて材料が手に入るので、手軽に簡単に作れて楽しかったです。
子供と一緒に作っても楽しいかなと思いました。
ただし、グルーガンは熱いのでそこだけは大人の人が見てあげた方がよさそうです。

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

我が家の本棚。

  • 子供たちのお気に入りの絵本。

スポンサーリンク

楽天市場。

お気に入りの洋裁本。